ようこそ「カラーコーディネーター検定試験ガイド★講座 対策 受験 求人 仕事 問題集 合格 資格 通信教育 学校」へいらっしゃいました!このサイトは、カラーコーディネーター検定試験が今とっても気になっているとか、カラーコーディネーター検定試験を受験したい!またはカラーコーディネーター検定試験に合格したい!カラーコーディネーター検定試験のテキスト問題集過去問求人とか仕事などの情報が欲しい!という方を対象に、様々なコンテンツを提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、たとえば掲示板勉強法を検索したり、大変便利になりました。もちろん、カラーコーディネーター検定試験の最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★カラーコーディネーター 検索はこちら!★
Topカラーコーディネーター検定試験 紹介 >カラーコーディネーター検定試験について

カラーコーディネーター検定試験について

カラーコーディネーター検定試験資格、カラーコーディネーター検定試験の講座、カラーコーディネーター検定試験の講習などカラーコーディネーター検定試験情報をお探しの方へ。まずはじめにカラーコーディネーター検定試験の概要をご紹介します。(wikipediaより)

カラーコーディネーターとは
カラーコディネーター、カラーアドバイザー、カラーコンサルタントは、主に住宅やホテル、レストランなどのインテリアや、ファッション、デパート、ショップの商品デザインやディスプレイ、建築などで色彩、配色などについて助言をする専門家、コーディネーターのこと。通信教育、通信講座、専門学校などで学ぶことが出来る。

カラーコーディネーター検定
この試験名は東京商工会議所の登録商標。色彩に関する知識を、主に産業目的に活用する能力を判定し、認定する民間の検定試験。

1級 - 「ファッション色彩」、「商品色彩」、「環境色彩」の3部野に分かれている。どれか一つの分野を選択し受験する。それぞれの分野における色彩の知識・活用能力を測る指標となりうる。合格者には、「1級カラーコーディネーター『○○色彩』」の称号が与えられる。

2級 - カラーコーディネーションの意義、色彩の歴史的発展と現状、生活者の視点からの色彩、生産者の視点からの色彩、カラーコーディネーターの視点、色彩調和論と配色手法の知識と活用能力の有無等の指標となりうる。合格者には、「2級カラーコーディネーター」の称号が与えられる。

3級 - 光と色に関する物理学、色の測定とその表し方に関する測色学、人間の目の構造に関する生理学等の知識と活用能力の有無等の指標となりうる。合格者には、「アシスタント・カラーコーディネーター」の称号が与えられる。



posted by カラーコーディネーター検定試験 at 18:43 | カラーコーディネーター検定試験 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。